お問い合わせ 資料請求はこちら
TEL 0250-68-3212

研創の家づくり

About us

研創の家づくり

About us

家 づ く り の 特 長

家づくりに重要なことは、
お客様の夢を叶えることだと思います。
その為には、営業・設計・職人が志を一つにし、
お客様の要望に応えなければなりません。

当社は営業・設計・大工の全員が自社社員です。
一般の方は『当たり前のことじゃないか』と思う方もいるかもしれませんが、現状は違います。大手ハウスメーカーでは、自社職人が一人もいないのは当たり前ですべて下請け会社で構成されています。
地元で頑張っている工務店も、設計者がいなかったり職人が不足し他社に頼る場合もあります。特に、職人に関しては担い手不足で今後はもっと減少していきます。
営業の話しがいくら上手くて設計図がいくら良くできていても職人が技術不足では、良い家にはなりません。

当社は昔から大工職人を社員とし育成しています。
特に木造住宅で一番重要となる木工事を自社で行うことにより、施工品質が格段に上がります。そして、営業・設計・大工がすべて自社社員なので意思疎通をスムーズに行えることにより、お客様の夢をしっかり叶えることができます。


顔と心と技の見える家づくり

営業

職人経験からできること、金額の面まで真摯にお答えします

設計・現場管理業務を経験していますので、営業しかしたことのない営業マンとは違います。
経験された方もいるかもしれませんが、質問しても思ったような答えが返ってこないなんてことがあります。
仕方のないことかと思いますが大手になるほど役割分担がはっきりしていて現場を知らない営業マンがいます。
ただ話術に長けていますので、話術では敵わないかもしれませんが、当社の営業マンは経験からできること・できないこと・金額の面まで真摯に答えることができます。
横の繋がりもありますので変更なども、設計士・職人と話し合い要望をスピーディーに反映することが可能です。

職人

大工職人がつくるから、木を活かした良い家になります

世の中の状況はプレカット材(機械での自動加工)を使用し建築している住宅が90%を超える状況ですが、当社は大工職人による手キザミにこだわっています。
何故?と思われるかもしれませんが、職人がこれから建てる建物を想像し一本一本、材料を適材適所に振り分け自分達の手で加工しなければ、木材は工業製品ではないので、木を活かした木造住宅を建てることはできないと考えているからです。
他社のプレカット工場に頼ることは、例えるなら、料理職人が材料の下ごしらえを他の店に頼み、味付けだけをしてお客様に出しているようなものだと思います。
機械化や新建材が主流となる中で技術を持った職人が歳と共に減ってきています。家づくりに重要な技術は一度失えば取り戻すのは難しくなります。大工職人を育成し技術の伝承をし、今後も良い家づくりに貢献していきます。

設計士

設計は、これから建てる家にとって大事な第一歩です

住宅は、ほとんどの方にとって人生で一番高額な買い物になると思います。車購入なども高額になりますが、車と違い10年後に買い替える訳にはいきませんので、設計はこれから建てる家にとって大事な第一歩になります。あまり流行りに乗ったデザインでは、数年後には飽きてしまいます。かと言って古臭いデザインでは最初から住みたくなくなってしまいます。
当社は何年経っても、飽きがこなく愛着が沸くような家を目指します。
デザインだけでなく耐久性・耐震性・省エネ性…住宅には、求められるものがたくさんありますが、土地形状・気候風土・予算などお客様により千差万別です。そのバランスを設計士としての観点からアドバイスできればと思います。

当社の設計士は現場管理も兼任しているため紙の上のデザインだけでなく施工も含め設計を行っています。施工がしっかりできていないその場しのぎの建物は、年月の経過とともに欠陥が生じてきます。
設計しか経験したことのない方は、どうしても机上の空論になりがちです。建てた後も良かったと思えるよう、お客様と共に設計していくことを心掛けています。


顔と心と技を磨く

お客様の喜びと期待に応えるために…。
お客様に造り手が見える『顔』
お客様に好かれる人間となるための『心』
お客様に最高の技術を提供するための『技』
これらを高める研修を日々行いお見せできるよう努力しています。

  • 毎朝の朝礼実施

    毎朝の朝礼は、経営理念の唱和・挨拶訓練を欠かしません。研創の合言葉は『元気、はつらつ、笑顔で挨拶』です。

  • 凡事徹底

    イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏の「掃除道」に学ぶ、「凡事徹底」。

  • 大工職人勉強会

    定期的に勉強会を行い知識と技術の共有を行います。
    品質の均一化と若手職人の育成も兼ねています。

  • 構造計算勉強会

    毎週、設計・現場管理者で勉強会を行っています。
    計算ソフトはありますが理解を深めるため、手計算を主に行い実務設計に生かします。

家づくりの流れ


ご要望をお話しください

数ある建築会社の中から当社に興味を持っていただきありがとうございます。
まずはお客様の「理想の家」についてお話しください。
予算・家族構成・敷地・ライフスタイルなど住宅を建てるには書ききれないほどのご要望があると思います。
とりあえずは、お客様のご要望を担当する建築士がヒアリングさせていただき、具体的なアドバイスを含めお客様と一緒に「理想の家」になるよう、ご提案させていただきます。

設計を進めていきます

まずは設計するために重要となる敷地を現地調査させていただき、ご要望をもとに設計士としての提案を含め設計図を作成します。
プラン図面ができ上がりましたら確認していただき、再度打合せをしながら修正を行います。打合せ修正を繰り返し、見積用のプラン図面ができ上がりましたらお見積書作成に入ります。

※土地をお持ちでない方は、土地探しを終えた後に設計を進めます

お見積書を確認

お見積の内容説明をします。
建築の見積項目は多数になりますので分からない部分もあると思いますが、できる限り分かりやすく説明させていただきます。
変更のご要望があれば再度変更のお見積を作成します。
要望通りのお見積ができ上がりましたら契約の手続きに入ります。

着工

契約後に着工となりますが、まずは建築確認の申請をします。
行政や指定検査機関に申請を行い、建築確認済証の交付を受けなければいけません。交付後、いよいよ現場での作業が始まりますが、先にご近所様に工期などの説明を含め挨拶に回ります。

※ご要望により地鎮祭を行います

工事

工事の流れは大まかに上から順に
・既存建物の解体(既存建物がある場合)
・地盤改良工事、基礎工事
・建て方(上棟)※ご要望により上棟式を行います
・内外部工事
・完了検査(第三者機関及び自社検査)

工事の流れと共に施主様に選んで決めてもらうことが多数あります。
図面では、イメージできないこともあると思うので現地に行き設計士と共に話し合いながら工事を進めていきます。

完成・お引渡し

鍵・保証書の引き渡し、器具説明などを行い引き渡しとなります。
家はでき上がって終わりではありません。
1年・5年・10年・・・50年と暮らしを守っていくためにあります。
永年住んでいくなかで、家も病気になることもあります。その都度手を加えてあげることで、永遠にその任務を果たします。私たちは家のホームドクターとして、お客様との一生のお付き合いを望んでいます。


お客様によってご要望は異なります。
お客様に合ったご要望にお応えしますので、気軽にご相談ください。